勉強会 年金資格

【2018年第1回終了】あなたの年金力を伸ばす1日集中の年金計算ワークショップ

投稿日:2018年5月6日 更新日:

年金計算ワークショップ

あなたの年金力を1日で伸ばす

◆年金トライアルとは

年金計算ワークショップ「年金トライアル」は公的年金の事例問題に挑戦するワークショップスタイルの検定試験です。

注:ワークショップ (workshop) とは、「体験型講座」を指す用語です

事例問題を体験し、直後に実施する解説セミナーで検証を行い、年金力を高める

そして、良い結果が出せたら、あなたの年金力を認定する

たった1日、集中してチャレンジしてみてください。

夕方にはあなたの年金への理解が変わります。

これが年金トライアルです。

注:「年金力」とは公的年金に関する知識を具体的に活用できる力をいいます。一般社団法人次世代ウェブ教育開発研究機構の登録商標です。

◆年金トライアルの3つの特徴

1 事例問題で年金力をつける

どんなに知識があっても、それを使いこなせなければ意味がありません。

わたしたちは「公的年金に関する知識を具体的に活用できる力」を年金力と名付け、その力を判定するのにふさわしい事例問題を用意しました。

個々の問題は年金行政で実務経験のある複数のメンバーにより作問しています。

◯×を判定するだけの問題だけで年金力を高めるのは無理です。

電卓を叩いて計算式に当てはめ、知識を活用することでより深い理解を得られます。

2 その日のうちに疑問を解消

一般に検定試験は会場で問題を解き、後日合否がわかるだけというもの。

結果が届いて、問題の復習・検証を行わなければ知識を高めることはできません。

ただ、ほとんどの場合、結果だけを確認してあとは見向きもしないというのが普通ではないでしょうか。

わたしたちはその日のうちに知識に変える検証作業が大事だと考えています。

年金トライアルでは問題を解いたあとに解説セミナーを挟み、その日のうちに疑問点・不明点を解決できます

3 社労士試験の論点で試験対策にも

事例問題を作るにあたり、国家試験の社会保険労務士試験で問われる論点を参考にしています。

出題するすべての事例が試験対策になるとは限りませんが、あなたが社会保険の専門家を目指すのであれば、問われる知識は将来必ず役に立ちます。

ましてや8月の試験はもうすぐ。

この機会に1日だけ年金対策に集中してみてもいいのではないでしょうか。

こんな方におすすめ

  • 年金計算を具体的な事例で理解したい方
  • 8月の社労士試験の前に集中して年金対策をしたい方
  • 今の年金知識がどの程度あるのか力試しをしたい方

メモ

年金トライアルは中級程度の年金知識がある方を想定してセミナーでの解説を行います。年金を初めて学ぶという方には難しいかもしれません。ご注意ください。

◆年金トライアル実施の詳細

◆実施要項

2018年第1回年金トライアル
日時2018年6月24日(日) 試験:9時30分集合 10時開始(150分) セミナー:13時30分〜16時30分
場所東京会場(東京都台東区 詳しくは受験申込後に案内します)
出題形式全9事例 5肢択一および数字記入方式
出題範囲公的年金の「適用・保険料」「老齢年金」「障害年金」「遺族年金」「総合」の5分野より出題
費用7,980円(税別)セミナー参加費も含めます (銀行振込・PayPalを利用できます)
受験時注意申込後期日が近づきましたらメールにて案内します

◆成績優秀者はその実力を認定します

  • 70点以上:ゴールド認定
  • 90点以上:エキスパート認定

満点中7割以上の得点で合格とします(ゴールド認定)。

9割以上の得点で、特に優れた年金力を有しています(エキスパート認定)。

どちらの認定も認定証を発行し、その実力を弊社が公に認定します。

◆問題サンプルをご覧ください

問題はこのような形式です(サンプル)。

作問のコンセプトは単に知識の正誤を問う形式ではなく、事例を通じて基本的な年金知識を活用できるかを試すことを念頭においています。

(クリックで拡大)

◆セミナー編 講師紹介

藤田正人(ふじたまさと)先生

年金力養成講座「みんなのねんきん」上級認定講師

2005年より社会保険庁の年金相談コールセンターの相談員として従事。

その後2007年より通算9年間、新人研修専任講師を歴任。

通算で1600人以上の相談員を現場に送り込む。

一番の特徴である親しみやすさを武器に、相談現場では絶大な信頼と人気を博してきた。

みんなのねんきんではブログ記事の執筆、実務に関するセミナー講師を担当している。

試験当日はみんなのねんきん主任講師のシモムーも参加します。

年金アドバイザー試験に10年以上合格し続ける経験から、試験で要求される合格に必要な能力をアドバイスします。

◆試験結果はこちら

2018年第1回年金トライアルの結果を発表します

年金計算ワークショップ あなたの年金力を1日で伸ばす 目次1 年金トライアルとは2 2018年第1回の結果発表2.1 今回は2名の方をゴールド認定としました3 出題内容とその狙い4 問題と解説DVDを ...

◆よくある質問にお答えします

◆Q 出題範囲の「総合」というのは具体的にどういう出題でしょうか

A 以下のテーマから1つの出題をします。

  • 外国人の脱退一時金
  • 離婚分割
  • 年金と税金、特別徴収
  • 併給調整
  • 毎年度の年金額改定
  • 未支給年金
  • 時効、年金支給のルール
  • 不服申立、届出

◆Q 全9問のうち老齢や障害等のテーマはどのような割合で出題されるのでしょうか

A 以下の割合で出題します。

  • 適用・保険料 1問
  • 老齢年金 4問
  • 障害年金・遺族年金 3問(受験回により障害1・遺族2、障害2・遺族1となります)
  • 総合 1問

公的年金の全分野のなかで最重要の老齢年金に最も比重をおいています。

 

この記事が役に立ったら
いいね ! お願いします

  • この記事を書いた人
シモムー

シモムー

日本年金機構の年金相談コールセンターにて新人研修講師を担当しながら社労士試験予備校にて講師を経験。2014年より公的年金の情報を初心者目線で解説する「みんなのねんきん」サイトで情報提供を続ける。年金を事例で学ぶ「年金ケーススタディ」で全問題の作問と解説を担当。具体例やイメージで理解できる情報提供を心がけている。

Copyright© 年金力養成講座 みんなのねんきん , 2018 All Rights Reserved.