年金ニュース

老後に必要な○億円はその人次第?

投稿日:

老後に必要な○億円はその人次第?

a0006_002418

出典記事が発表された日:2015年11月26日

どんなニュース?簡単に言うと

「老後は1億円必要」とよく目にします。本当に1億円もの大金が必要なのか。日本経済新聞のコラムをご紹介します。大事なことは人に言われたことをそのまま信じるのではなく、自分で考え自分で判断することです。

どんなニュース?もう少し詳しく!

「老後は1億円必要」

よく目にするフレーズです。

本当に1億円必要なのか。

日本経済新聞で目にしたコラム「定年楽園への扉」のコラムをご紹介しましょう。

実は私自身、執筆した年金力養成講座のテキストの中で「1億円必要」と書いたことがあるんです。

そんなわけで、このコラムで何を言っているのか非常に興味があったんです。

月額35万円×25年で1億円

私がテキストで1億円と計算したその内訳。

生活費が月額35万円必要と考えて、65歳から90歳まで生きると仮定しての合計です。

平均寿命は男性も女性も80歳代で、女性の方が90歳に近いです。

このコラムでも1億の内訳は私の計算と全く同じで、ちまたでの「1億」の内訳は同じようです。

で、冒頭の1億円は必要か否かについて。

コラムではこう言っています。

答えは必要な人もいるし、要らない人もいるし、要は正解は無いということ。

なぜなら、どんな生活を送るかは人それぞれだから。

月額35万円では少ないという人もいるでしょうし、ちょっと多めという人もいるかもしれません。

コラムの筆者は「問題は経験をしていない人があれこれコメントしている」と指摘しています。

つまり老後を経験していない40代、50代の評論家や専門家が「1億」と連呼している。

すみません、私も40代です。

筆者は既に年金を受給しているそうで、そういう方から言わせると違和感がある。

一律に「1億必要」は経験していないことからくる「不安心理」だと言っています。

まぁそうかもしれません。

その不安を煽るように週刊誌やテレビは老後は危ないと言います。

保険業界も不動産業界も老後に備えて○○を購入せよと言います。

でも不安になるのは当然だと思います。

とんでもない高齢社会を日本史上我々はまだ経験したことが無いんですから。

不安にならない方がどうかしています。

自分の頭で考え、自分で判断する

ところで、

このコラムの中で最も共感したのは最後の締めくくりです。

「大切なことは人からいわれたことをそのまま信じるのではなく、自分の頭で考え、自分で判断する」

全くその通りだと思います。

私が怖いと思うこと。

そもそも、税金や社会保険の仕組み自体が自分で考えなくても良いようになっている。

自分の頭で考えて自分で判断しなくても何の支障も無く現役時代の生活が送れてしまう。

サラリーマンをしていれば、その手続は会社が代わりにまとめてやってくれます。

普段からいくら納めて、どう使われているかを思考させない仕組みになっている。

だから、少し不安を煽られると右往左往してしまう。

 

ただ、危機感を持つことは大事だと思います。

年金をもらう直前になって「もっと増やしたい」って言っても手段は限られてきます。

特に年金は長い年月の結果を受け取るわけですから、できるだけ早くに自覚することが重要。

自分の頭で考え、自分で判断する

自分で判断するためにはそのための情報が必要。

自分の経験を踏まえて、私が持っている情報をどんどん公開していきたい。

それがこのブログの趣旨です。

今回のニュースまとめ

11

  • 老後に1億円が必要かどうかはその人がどういう生活を送るかにかかっている
  • 人からいわれたことをそのまま信じるのではなく、自分の頭で考え、自分で判断する
  • 年金は長い年月準備した結果を受け取るものなので早いうちの自覚が必要

老後に1億必要かどうか。

確かに自分でもテキストに書いておきながら「実際どうなんだろう」と思っていたところでした。

贅沢しなければ月額35万円も要らないのではないかと思うんですが・・。

ちなみにこの1億のうち、7割くらいは公的年金から受け取れる制度設計になっています。

長年サラリーマンをして、奥さんが専業主婦で満額の国民年金をもらうという前提ですが。

この前提に当てはまらない人はより自助努力が求められます。

多くの人が「いくらもらえるか」しか目が行っていません。

身の丈にあった生活をするという発想も大事です。

出典・参考にした情報源

「老後に1億円必要」は本当か? :日本経済新聞
1億円はその人次第

この記事が役に立ったら
いいね ! お願いします

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
シモムー

シモムー

日本年金機構の年金相談コールセンターにて新人研修講師を担当しながら社労士試験予備校にて講師を経験。2014年より公的年金の情報を初心者目線で解説する「みんなのねんきん」サイトで情報提供を続ける。年金を事例で学ぶ「年金ケーススタディ」で全問題の作問と解説を担当。具体例やイメージで理解できる情報提供を心がけている。

Copyright© 年金力養成講座 みんなのねんきん , 2018 All Rights Reserved.