年アド3級 年金資格

技能応用10 退職金・老齢年金と税金 所得税の仕組みをイメージせよ!

メモ この記事は2018年秋向けのものです 過去の出題傾向からシモムーの感想 最後の技能応用問題は退職金にかかる税金と年金にかかる税金の話。 純粋な年金の話ではないのでちょっと苦手意識が働きますが恐れることはありません。 過去9回の出題はこんな感じです。 2018春 退職所得金額の計算 公的年金にかかる雑所得の計算 年金からの源泉徴収択一 2017秋 公的年金にかかる雑所得の計算 退職所得金額の計算 2017春 退職所得金額の計算 公的年金にかかる雑所得の計算 2016秋 退職所得金額の計算 公的年金にか ...

ReadMore

年アド3級 年金資格

年アド3級技能応用9 年金請求手続 注目はあの番号!の理由とは

メモ この記事は2018年秋向けのものです 過去の出題傾向からシモムーの感想 この問題も前問に続いて手続き関係です。 2問の構成は決まっています。 1問目:特別支給の老齢厚生年金の請求手続きに関する知識 2問目:健康保険の任意継続被保険者、雇用保険の基本手当、年金請求書の添付書類のいずれか このテーマは被用者年金一元化やマイナンバー活用の影響を受けて、近年色々と変わっています。 そのあたりが出題にどう影響するか。 今、一番不安なのはあの番号。 2018年3月から年金機構でマイナンバーの活用が始まったのでそ ...

ReadMore

年アド3級 年金資格

年アド3級技能応用8 ハガキによる手続き 現物見ればなんとかなる理由とは

メモ この記事は2018年秋向けのものです 過去の出題傾向からシモムーの感想 前半:受取金融機関の変更手続きと後半:65歳時の年金請求書ハガキの問題 昔からの定番問題。 この問題は受給権者の住所と年金受取の金融機関の変更届出のルールを問うもの。 住所変更は住基コード(マイナンバー)が収録済みなら住民票上の住所と年金記録原簿の住所が連動するように近年変わりました。 ですのでこの問題は受け取り金融機関変更の手続きに関するものでしかありません。 もう一方の65歳時のハガキは65歳からの老齢年金を普通に受け取るの ...

ReadMore

年アド3級 年金資格

年アド3級技能応用7 遺族給付 長いか短いか見極めはそこです

メモ この記事は2018年秋向けのものです 過去の出題傾向からシモムーの感想 障害給付に続いて定番の問題。 内容はこれでもかというほど、過去問と同じことが出る。 しかも、知識レベル的には基本知識問題の延長線。 が、過去問集を見る限りでは正解率は高くありません。 チャンスです。周りはきちんと理解していません。 確かに、 遺族基礎年金・遺族厚生年金・死亡一時金・寡婦年金が勢揃い。 障害をお持ちのお子さんが登場する可能性も高い。 遺族厚生年金は長期要件か短期要件かの理解もしていないといけない。 ただ、 それらの ...

ReadMore

年アド3級 年金資格

年アド3級技能応用6 障害給付 勝負の分かれ目は子供にあり!

メモ この記事は2018年秋向けのものです 過去の出題傾向からシモムーの感想 定番の問題です。 技能応用といっても単なる基本知識問題の延長です。 前半は計算問題(後半になることもあります)。 後半は障害年金全般の知識が問われます。内容は基本知識問題レベルです。 計算問題は障害基礎年金が出るケースが多いです。 子が対象者になるかどうかを正確に数えればなんてことはありません。 また、 意外に不安に襲われる障害認定日。 ”この日で合っているんだろうか・・・。” 確実な認定日の出し方を含めたポイントを後半で指摘し ...

ReadMore

年アド2級 年アド3級 年金資格

絶対間違えない障害認定日の確実な出し方

どんなテクニック? 障害認定日の定義 初診日から起算して1年6カ月を経過した日(原則) となりますがこの日を正確に出すにはどうしたらよいでしょう。 私は受験初心者の頃、手で数えたりの不確実な方法でした。 「合っているのだろうか?」 とりあえず日付は出したものの、不安でした。 そこで、 試行錯誤を繰り返して編み出したテクニック(ってほどでもないけど)をお伝えします。 こんなことをします 要は初診日に足し算するだけ。 では、事例を元にして考えてみましょう。 (下に続きます) スポンサーリンク 例:平成22年1 ...

ReadMore

年アド3級 年金資格

年アド3級技能応用5 経過的な繰上げ支給の老齢厚生年金 ついに来るか?本格的な計算問題に対処せよ

メモ この記事は2018年秋向けのものです 過去の出題傾向からシモムーの感想 60歳台前半の老齢厚生年金(報酬比例部分)を繰上げるという話です。 しかし、難しい話ではありません。 ポイントになるのは経過的加算の扱い。 図を交えながら計算のポイントを解説していきます。 ここ注目!ここがポイントだ! 経過的な繰上げ支給の老厚は2つのポイントを押さえる 試験日前後で60歳を迎える人の事例が出る このテーマは試験日前後で60歳を迎える人の事例で過去出題され続けています。 今回は2018年10月か11月あたりに60 ...

ReadMore

年アド3級 年金資格

技能応用4 在職老齢年金・雇用継続給付 技能応用で2番目に難しい理由とは

メモ この記事は2018年秋向けのものです 過去の出題傾向からシモムーの感想 難問です。正しいものの個数を答えないといけないからです。 私の中では技能応用問題の中で2番目の難しさです(1番は技能応用の最初の問題)。 今から5年以上前は表組みになった選択肢から消去法で答えが出る問題が定番でした。 ところが遡って検証してみると、近年は個数問題での出題が普通になってしまいました(過去11回は全て個数問題)。 ですから1肢1肢を神経を研ぎ澄ましての検証が欠かせません。 当然のことながら時間が掛かります。 5秒で解 ...

ReadMore

年アド2級 年アド3級 年金資格

ミスしないための在職老齢年金の図の起こし方

どんなテクニック? 在老問題で正解を導くために絶対に外せないこと。 それは図を正確に書いて賞与がいつ支払われたかを把握することです。 私がこれまで長年の受験経験から培った これなら間違えない 図の起こし方を披露します。 こんなことをします 私が確立したルールに沿って図を書いていきます。 こちらの図をご覧ください。例えば長年勤めたV商事からU産業へ転職したという事例です。 (クリックで拡大) この図の特徴は以下のとおり 目盛りは検証に必要な月だけを記載 ボーナスは「B」として記載する 給料・ボーナスが変化す ...

ReadMore

年アド3級 年金資格

年アド3級技能応用3 報酬比例額・経過的加算 5秒で解けるシモムーメソッドとは

メモ この記事は2018年秋向けのものです 過去の出題傾向からシモムーの感想 前半:報酬比例額の計算式 ここは老齢厚生年金の報酬比例額の計算式が毎回出題されています。 免除期間があると複雑になる老齢基礎年金よりもむしろこちらの方が簡単。 ただ、報酬比例額の計算式は実は2つあり、そのうちのどちらか高い方を採用する仕組みになっています。 これまで、原則の計算式である本来水準の計算式しか出題されたことがありません。 あまりにも簡単。 昔、物価スライド特例水準で出題されていたときは数字を暗記する要素がありましたが ...

ReadMore

Copyright© 年金力養成講座 みんなのねんきん , 2018 All Rights Reserved.