年アド3級 年金資格

年アド3級基本26 併給調整 私が真っ先に着手して笑いが止まらないワケ

投稿日:

メモ

この記事は2018年秋向けのものです

何が出題されている?

出題形式:併給されないものを選択

笑える問題です。

5つの肢は年金の組み合わせが並んでいて、65歳以上で両方一緒にもらえないものを選ばせます。

2012年から2013年にかけて、3つの組み合わせでどうか、という出題がありましたが、その後出題はありません。

3つの組み合わせは共済年金との組み合わせでした。

一元化されましたからもはや3つの組み合わせの出題は無いでしょう。

とすれば、

もはやこの問題は変化球を作ることもできず、簡単すぎる問題化しています。

だから笑えるんです。

早速、どう"簡単すぎる"のか見ていきましょう。

過去9回の正解となった知識

併給されない組み合わせで正解となったものです。

  • 2018春 遺族基礎年金と老齢厚生年金
  • 2017秋 老齢基礎年金と障害厚生年金
  • 2017春 遺族基礎年金と障害厚生年金
  • 2016秋 遺族基礎年金と老齢厚生年金
  • 2016春 老齢基礎年金と障害厚生年金
  • 2015秋 遺族基礎年金と老齢厚生年金
  • 2015春 老齢基礎年金と障害厚生年金
  • 2014秋 遺族基礎年金と障害厚生年金
  • 2014春 遺族基礎年金と老齢厚生年金

これを見てわかりますね。

つまり、

  • 障害厚生年金と組み合わせるか
  • 遺族基礎年金と組み合わせるか
  • その両方を組み合わせるか

しか正解が無いんです。

だから、私は真っ先にこの問題を解いて、優越感に浸るわけです。

出題傾向から年金制度を考える

覚える知識はたったの2つです。

それだけで解けてしまうのがこの問題の特徴です。

障害厚生年金は障害基礎年金としか一緒になれない

1つめは障害厚生年金。

障害厚生年金のパートナーは障害基礎年金しかありません。

老齢や遺族とは一緒になれないんです。

そこで、この問題はまず、「障害厚生」が入っている肢を探すことから始めます。

見つかったらそれが答え

以上

不安であれば、他に「障害厚生」の肢がないか探してみてください。

あるわけないと思いますよ。答えは1つですから。

遺族基礎年金は遺族厚生年金としか一緒になれない

2つめは遺族基礎年金。

「障害厚生」が見当たらない場合に次に探すのは遺族基礎年金です。

これも遺族厚生としか一緒になれない運命です。

老齢や障害の年金とは一緒になれません。

いつ受験しても考える手順は同じ

この問題はどの受験回でもおんなじです。

障害厚生を探し、ダメなら遺族基礎を探す

これだけです。

機械的に上の手順で考えれば答えが出ます。

(下に続きます)

スポンサーリンク

なぜ2つの年金は他の事由の年金と併給されないのか

一人一年金の原則

そもそも、年金には「一人一年金の原則」というのがあります。

ただし、同一の支給事由なら1階部分の基礎年金と2階部分の厚生年金はセットで受け取れます。

ですから、基本的に支給事由の異なる”老齢”と”障害”を一緒にもらうことはNGなわけです。

これが原則です。

遺族厚生年金と障害基礎年金は例外

ただし、

65歳以上で”遺族厚生”と”障害基礎”の2つの年金は別扱いです。

遺族厚生年金は夫が残した老齢厚生年金を代わりに受け取って、その配偶者が老後の保障を受けるという性格があります。

したがって、

”遺族厚生”と自分の”老齢基礎”は例外的にOK(例外1)

そして、

障害基礎年金においては障害者の就労による貢献を年金制度上も評価しようという視点が大事。

したがって、

”障害基礎”と”老齢厚生”は例外的にOK(例外2)

この組み合わせは平成18年の4月前は併給不可能だったんです。

老齢基礎+老齢厚生 vs 障害基礎 では障害基礎に軍配があがる障害者が多かった。

すると、若い時に掛けた厚生年金は全くの掛け捨てになってしまうという弊害があった。

だから例外2を用意したんです。

最後に、

夫が残した老齢厚生年金を代わりに受け取って老後の保障を受けるのは障害者も同じ。

したがって、

”障害基礎”と”遺族厚生”は例外的にOK(例外3)

まとめるとこの表になります。

老齢基礎 障害基礎 遺族基礎
老齢厚生 OK 例外2でOK
障害厚生 OK
遺族厚生 例外1でOK 例外3でOK OK

つまり、ここでの例外以外は同一の支給事由である場合を除いて併給不可能(✕)となるんです。

なぜ障害厚生年金と遺族基礎年金は他の事由の年金と併給されないのか。

結論、

”例外で認められていないから併給できないものは併給できない”

これが理由です。

今回はこれが答えになる!

もはや多くを語る必要はないでしょう。

予想するまでもありません。

  1. まず障害厚生を探せ!
  2. ダメなら遺族基礎を探せ!

これだけです!

ヒャッホー!

この記事が役に立ったら
いいね ! お願いします

事例で年金を学ぶ「年金ケーススタディ」
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
シモムー3級モード

シモムー3級モード

年金アドバイザー3級試験に初受験から2018年まで12回連続90点以上で合格中。満点は3回。個人賞は5回受賞。試験に対する考え方・勉強方法について絶対の自信を持っている。

Copyright© 年金力養成講座 みんなのねんきん , 2018 All Rights Reserved.