年アド3級 年金資格

年アド3級基本18 基本手当と老齢厚生年金 年金調整よりも基本手当が危ない理由とは

メモ この記事は2018年秋向けのものです 何が出題されている? 出題形式:誤っているものを選択 雇用保険から受け取る基本手当と老齢厚生年金との関係が出題されます。 具体的には2つの内容。 雇用保険の基本手当そのものの知識 基本手当と年金との調整関係知識 少し前までは、正解となるほとんどは後者の基本手当と年金との関係知識でした。 ところが、 ここ最近の傾向は基本手当の知識そのもので正解を作ってくることに特徴があります。 過去9回の正解となった知識 2018春 雇用保険に10年以上20年未満加入で、自己都合 ...

ReadMore

年アド3級 年金資格

年アド3級基本17 特別支給の老齢厚生年金 秋は◯年以上に注意する!

メモ この記事は2018年秋向けのものです 何が出題されている? 出題形式:正しいものを選択 60歳台前半の老齢厚生年金(特別支給の老齢厚生年金:以下「特老厚」)について、支給開始年齢や定額部分が受給できる特例の知識が問われます。 事例は受験する年の春試験「4月2日」か秋試験「10月2日」に60歳の誕生日を迎える人のケースで出題されます。 あらかじめ該当者の支給開始年齢を暗記して準備しておけます。 また、定額部分も受け取れる特例については長期加入者と障害者のケースが必ず出題されます(片方だけか両方ともか) ...

ReadMore

年アド3級 年金資格

特老厚の支給開始年齢を鼻歌を歌いながら思い出す方法とは

どんなテクニック? 特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢を覚えていないと答えられない問題があります。 暗記には否定的な私ですが覚えるより他にありません。 そこで私の覚え方のテクニックを披露しましょう。 こんなことをします 数字を機械的に並べていくだけなんです。 覚えるってほどではありません。 男性からいきましょう。 男性は「28」から まず、4月2日から翌年4月1日までを1年度と定義します。 61歳から報酬比例部分を受け取る男性は昭和28年度生まれと29年度生まれです。 これを 28・29 → 61 で表 ...

ReadMore

年アド3級 年金資格

年アド3級基本16 振替加算 正しいものを選ぶ問題だけど難易度が低い理由とは

メモ この記事は2018年秋向けのものです 何が出題されている? 出題形式:正しいものを選択 老齢基礎年金の基本年金額に加算される振替加算に関する支給要件や金額について問われます。 最も特徴的なのは”正しい”ものを選ばせる点。 なぜか、このテーマはかなり昔に遡っても”正しい”ものを選べで出題されています。 5択で正しい肢を1つ選ぶわけですから、4つの誤りを判定しないといけません。 ですから一般的には「誤った」ものを選ぶより「正しい」ものを選ぶ問題は難易度が高くなるはず。 しかし、全くそんなことはありません ...

ReadMore

年アド3級 年金資格

年アド3級基本15 老齢基礎年金の受給資格期間 キーワードは「◯歳以上を探せ」!

メモ この記事は2018年秋向けのものです 何が出題されている? 出題形式:算入されないものを選択 この問題は昔から特別で、誤りや正しい肢を選択するのではありません。 ”年金を受け取るための期間に評価されるかされないか”ということが問われます。 そう考えると真っ先に”未納期間は無理だな”と考えますが、単純に未納の期間はNGというわけでもありません。 そういうことが理解できているかどうかが問われます。 過去9回の正解となった知識 2018春 60歳以上で任意加入して滞納しても受給資格期間に算入されない 20 ...

ReadMore

年アド3級 年金資格

年アド3級基本14 老齢基礎年金 見えてきた!2つが危ない理由とは

メモ この記事は2018年秋向けのものです 何が出題されている? 出題形式:誤っているものを選択 老齢基礎年金の年金額について、繰下げの仕組みを含めて出題されるのが特徴です。 なぜか繰上げではなく、繰下げの方が出題されています。 老齢基礎年金を受け取るための受給資格期間の問題は次の問題になります。 過去9回の正解となった知識 2018春 老齢基礎年金を繰下げ受給すると付加年金も増額する 2017秋 保険料免除の承認を受けたが納付すべき保険料を滞納すると年金額に反映しない 2017春 学生納付特例制度の適用 ...

ReadMore

年アド3級 年金資格

年アド3級基本13 年金の受給権・支給に関するルール 覚えることは1つだけです

メモ この記事は2018年秋向けのものです 何が出題されている? 出題形式:誤っているものを選択 年金の受給権発生に絡んで、その支払いに関する周辺ルールが出題されます。 頻繁に正解になるのはある1つの知識です。 過去の正解を見るとそれがわかります。 過去9回の正解となった知識 2018春 年金は支給すべき事由が生じた月の翌月分から権利が消滅した月分まで支給される 2017秋 繰上げ支給の老齢基礎年金は請求日の属する月の翌月分から支給される 2017春 未支給年金の請求者の範囲は死亡した者と生計を同じくして ...

ReadMore

年アド3級 年金資格

年アド3級基本12 厚生年金保険の標準報酬制度 ボーナスか通勤か2つに注意せよ

メモ この記事は2018年秋向けのものです 何が出題されている? 出題形式:誤っているものを選択 社会保険制度で採用されている標準報酬全体の知識が問われます。 定時決定や随時改定等の標準報酬月額を決定・改定するルールも選択肢に並んでいるのですが、これらが正解になることはあまりありません。 過去9回のうち、2回のみ定時決定のルールが正解になっただけ。 他の7回は2つの知識が正解を争っています。 それは標準賞与額に関するものと通勤手当に関するもの。 この2つさえ押さえておけばどっちかが正解となる可能性が高いで ...

ReadMore

年アド3級 年金資格

年アド3級基本11 厚生年金保険の保険料 9月の統合が今回危ない理由とは

メモ この記事は2018年秋向けのものです 何が出題されている? 出題形式:誤っているものを選択 厚生年金の保険料に関して、保険料率自体や育休免除の知識が出題されています。 注目すべきは共済年金との一元化の影響。 一元化されても保険料率は統一されていないのでこのあたりの知識の有無が正解に影響しています。 案の上、2016春・2016秋・2017春と3連続してこの点で正解を作ってきました。 過去9回の正解となった知識 2018春 第3号厚年被保険者と第4号厚年被保険者の保険料率は現在異なっている 2017秋 ...

ReadMore

年アド3級 年金資格

年アド3級基本10 厚生年金保険の資格の得喪・被保険者期間 断言!まとめの表が正解になる

メモ この記事は2018年秋向けのものです 何が出題されている? 出題形式:誤っているものを選択 厚生年金に関して被保険者資格をいつ取得していつ喪失するかのルールが出題されます。 以前は春と秋で正解になる知識がハッキリしていたのですが、今は"被保険者期間"の考え方一色になっています。 具体的に過去の正解を検証してみましょう。 過去9回の正解となった知識 2018春 月の末日に就職しても1カ月の被保険者期間となる 2017秋 70歳に達した日に資格喪失する 2017春 月の末日に退職したらその月までが被保険 ...

ReadMore

Copyright© 年金力養成講座 みんなのねんきん , 2018 All Rights Reserved.